Anu-flyer-omote-(OL)-[更新済み]
P1000258.JPG
P1000274.JPG
P1000277.JPG
P1000175.JPG
P1000150.JPG
P1000271.JPG
P1000273.JPG
P1000139.JPG
P1000046.JPG
P1000054.JPG
P1000221.JPG
P1000116.JPG
P1000127.JPG
P1000113.JPG

ANU TUOMINEN

アヌ・トゥオミネン

アヌ・トゥオミネン「キッチン」

 アヌ・トゥオミネンは、ヘルシンキの芸術デザイン大学、次いで芸術アカデミーにて家具デザインとメディア研究を修め、在学中の1989年より個展やグループ展にて作品を発表し始めました。2003年には視覚芸術の分野においてフィンランドで最も権威のあるArs Fennica賞のベストアーティストに選ばれ、以降彼女はフィンランド内外の美術館やアートスペースにて精力的に作品の発表を行なっています。 

 

 トゥオミネンは、我々が日常用いる身近な道具や家庭用品を、レディーメイド風に一見そのままの形で呈示しますが、しかし、良く観察すると、そこには密やかな細工が施されていることに気付きます。例えば、「にんじんピューレ」と名付けられた作品では、オレンジ色のベレー帽に開けられた切れ目にそっとスプーンが挿し込まれており、また、図鑑に描かれた蝶のイラストは、羽に沿って紙が切られ、あたかも蝶たちがページから解き放たれたかの印象を与えます。こうしたちょっとした細工は、物体をその機能的なあり方から開放し、しばしばほほ笑みやくすくす笑いを誘いながら、見る者の心に無数の小さな感嘆符や疑問符を呼び起こします。 

 

 この度の個展では、トゥオミネンのお気に入りのテーマである「台所」にまつわる作品を集め展観します。素材として用いられた漏斗や泡立て器といった台所用品は、ほとんどが蚤の市で見つけられたものです。これらのありふれた台所道具は、トゥオミネンによって仔細に観察され、解釈された後、「何か別の物」として生まれ変わりました。トゥオミネン流の魔法のレシピで変身した魅力あふれる作品の数々をどうぞお楽しみ下さい。

____________________

会 期: 2006年10月6日 [金] 〜 25日 [水] 

火 - 土 12:00-19:00 日 12:00-17:00 / 月・祝休

■ オープニングレセプション:10月6日 [金] 18:00-20:00

後 援:フィンランドセンター、Oskar Öflund Foundation

協 力:graf: decorative mode no.3 design products inc.

JP / ENG

 Works

「ネクター」
「ネクター」

2006年、ボトル、漏斗、かぎ針編み

「ネクター」
「ネクター」

2006年、ボトル、漏斗、かぎ針編み

「ニンジンとオレンジ」
「ニンジンとオレンジ」

2005-2006年、かぎ針編み

「キャンバス上のテンペラ」(ブルーベリーパイ)
「キャンバス上のテンペラ」(ブルーベリーパイ)

2005年、エッグスタンド、かぎ針編み

「塩の花」
「塩の花」

2002-2006年、塩入れ、かぎ針編み

「野生のベリー」
「野生のベリー」

2006年、マグカップ、鉛筆

「海辺で」
「海辺で」

2006年、北極海で拾った石、石鹸ケース

「クモ」
「クモ」

2005年、イラストの切り抜き、鍋置き

「スライス」(チーズ)
「スライス」(チーズ)

2002年、チーズスライサー、かぎ針編み

「リンゴの皮むき」
「リンゴの皮むき」

2002年、皮むきナイフ、かぎ針編み

「絵画は平らである」
「絵画は平らである」

1998-2006年、マッシャー、イラストの切り抜き

「ホウレンソウ」
「ホウレンソウ」

2005年、ベレー帽、フォーク

「俳句」
「俳句」

2006年、ペン、筆、かぎ針編み

「絵葉書の彫刻」
「絵葉書の彫刻」

1998-2006年、絵葉書にネコヤナギの花穂のコラージュ

「絵葉書の彫刻」
「絵葉書の彫刻」

1998-2006年、クリスマスカードに米粒のコラージュ

「絵葉書の彫刻」
「絵葉書の彫刻」

1998-2006年、絵葉書に切り抜いた写真のコラージュ

1/1